気づけば周りを気にしながら歩いてて
自分が何をしたいのかさえ忘れてて

誰かの答えをたどるだけの日々
誰かの『常識』を壊せず
ホントの答えは
自分の中で眠りにつく

そう
行き先はいつも
見えないモノで縛られていて
言葉ひとつじゃ抜け出せないモノ

So
行き先はいつも
悩む時には姿を変えて
言葉の中に流されてしまう

だけど
もう気づいているはず
本当に大切なコトに

例えば
君にふたつの『選択肢(みち)』があるのなら
例えば
それをひとつにするときが来たら

誰かに答えを求めたとしても
誰かが何かしてくれたとしても
ホントの答えは
自分の中にしか映らない

当たりはずれのある人生だから
正解も不正解もわからない現実に惑わされて
偽りの(偽りの)自分を求めないで…

そう
行き先はいつも
見えないモノに映し出されて
それは誰にも変えられないモノ

So(そう行く先でいつも)
行く先でいつも強い自分を演じれる
それは『想い』という名の力

だから
もう足は止まらない

自分で決めた『選択肢(みち)』だから
Wow

止まれない

《作詞・作曲:谷川孝一》